トップページ/ニュース 理工学研究科の後藤さんが日本熱処理技術協会中部支部講演会で研究発表奨励賞

受賞者 後藤宗さん(理工学研究科機械システム工学専攻1年、來海博央教授研究室)
受賞名 日本熱処理技術協会 第6回中部支部講演会 研究発表奨励賞(学術研究分野)
受賞日
開催地
2016年3月4日
名城大学MSAT
受賞
テーマ
FPB処理により形成されたアルミニウム合金の微視組織評価
本研究では、表面改質手法である微粒子衝突(FPB)処理を、適用例が少ないアルミニウム合金へ適用し、様々な処理条件で得られる微視組織を走査イオン顕微鏡、後方散乱電子回折(EBSD)法、透過型電子顕微鏡により明らかにするとともに、硬さや疲労強度との関係を明らかにしました。中でも、硬さにおいてホールペッチ則が、数10nmサイズの結晶粒径領域でも成立することを示すとともに、FPB処理で疲労特性が向上することを示したことから、今後、軽量化に応えるアルミニウム合金の高強度化が期待されます。
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ