トップページ/ニュース 農学部の鈴木さんが日本応用動物昆虫学会でポスター賞

受賞者 鈴木麻衣子さん(農学部生物資源学科4年、山岸健三教授・上船雅義准教授研究室)
受賞名 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会 ポスター賞
受賞日
開催地
2016年3月29日
大阪府立大学
受賞
テーマ
ゼニゴケのナミハダニに対する忌避・防衛能の評価
全国大会において学生・院生のポスター発表が159件あり、その中から14件に対してポスター賞が授与されました。多くの発表は大学院生によるもので、学部4年生の研究がポスター賞を獲得したことは快挙です。
コケ類は昆虫やダニ類に食べられることがないので、これらの生物に対して何かしらの忌避物質を持っている可能性があります。ゼニゴケは温室中でも生えやすいため、この忌避物質が空気中に放出されれば、害虫を寄せ付けない作用が期待されます。そこで温室害虫であるハダニを材料にゼニゴケの忌避効果について実証実験を行い、その成果を発表しました。
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • 名城大学バーチャルリサーチフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ