トップページ/ニュース 理工学研究科の池山さんが応用物理学会で講演奨励賞

受賞者 池山和希さん(理工学研究科材料機能工学専攻修士課程2年、赤﨑勇終身教授・上山智教授・竹内哲也教授・岩谷素顕准教授研究室)
受賞名 第39回(2015年秋季)応用物理学会講演奨励賞
受賞日
開催地
2015年9月15日
名古屋国際会議場
受賞
テーマ
n型AlInN/GaN DBR構造上青色マイクロLED
青色LEDの次世代光源として青色面発光レーザへの期待が高まっており、実用化には反射鏡(DBR、Distributed Bragg Reflector)の特性向上が必須です。本研究はⅢ族窒化物半導体の新規材料であるAlInNを採用し、その電気的特性を明らかにすることで、高反射率と低抵抗率を兼ね合わせる優れた反射鏡を実現しました。さらに、この反射鏡を青色LED構造に組み込むことで低消費電力かつ高光出力動作を達成し、面発光レーザに有用であることを実証しました。この結果は日本最大の学会の一つである応用物理学会秋季学術講演会で、優れた研究成果として評価され、講演奨励賞に選出されました。本賞は対象者711人のうち33人に贈られました。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ