トップページ/ニュース 理工学研究科の近藤さんが電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会奨励賞

受賞者 近藤那樹さん(理工学研究科電気電子工学専攻博士前期課程1年、中條渉教授研究室)
受賞名 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会奨励賞
受賞日
開催地
2016年1月20日
ホテルルブラ王山2階「千成」(名古屋市)
受賞
テーマ
低フレームレートCMOSカメラを用いたマルチアクセスLED可視光通信の同期特性
2015年9月28、29日に名古屋工業大学で開かれた平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会で、近藤さんが奨励賞を受賞しました。
人や機械にやさしい新たな通信手段として、LED可視光通信の研究が進められています。本研究では、低フレームレートCMOSカメラを用いたLED可視光通信において、複数のLED可視光送信機を独立して同期可能なマルチアクセス受信機の同期アルゴリズムを開発しました。CMOSカメラ受信機のフレームレートが30 フレーム/秒に対して、その5/6の25シンボル/秒まで同期可能なアルゴリズムを用いて、2台の送信機とマルチアクセス可視光通信を実現しました。本研究はさらに、LEDアレイとCMOSカメラを組み合わせた双方向マルチアクセス可視光通信へ発展させることが期待できる技術です。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ