トップページ/ニュース 理工学研究科の村瀬さんが電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会奨励賞

受賞者 村瀬裕哉さん(理工学研究科電気電子工学専攻博士前期課程1年、都竹愛一郎教授研究室)
受賞名 平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会奨励賞
受賞日
開催地
2016年1月20日
ホテルルブラ王山2階「千成」(名古屋市)
受賞
テーマ
地上デジタル放送波による時刻・周波数の分配
2015年9月28、29日に名古屋工業大学で開かれた平成27年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会で、村瀬さんが奨励賞を受賞しました。
非常に正確な周波数源(誤差10の-10乗以下)として、ルビジウム原子発振器やセシウム原子発振器が使われています。しかし、これらの原子発振器は高価であるため、安価な発振器が望まれています。その1つとして、地上デジタル放送波を利用した発振器が考えられています。地上デジタル放送波は、放送用周波数の有効利用の観点から、正確な周波数で送信されているからです。本研究では地上デジタル放送波の周波数を精密に測定し、高精度な発振器の周波数源として利用可能であるか検討しました。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ