トップページ/ニュース 理工学研究科の加藤さんが土木学会全国大会優秀講演賞

受賞者 加藤弘務さん(理工学研究科建設システム工学専攻修士課程2年、葛漢彬教授研究室)
受賞名 平成27年度土木学会全国大会(第70回年次学術講演会)優秀講演賞
受賞日
開催地
2015年9月16~18日
岡山大学
受賞
テーマ
芯材に波形鋼帯板を適用したBRB(RP-BRB)の解析的検討
本研究は、橋梁の横構・対傾構などに用いられる座屈拘束ブレースとして芯材を波形鋼帯板としたBRB(RP-BRB)の適応性を検討するものです。BRBの芯材は、長尺かつ波形の数が多いため、荷重―変位履歴の不安定化が懸念されます。そのため、間隔保持材とガイド機構を設置することによって、芯材の局所的な変形を抑制し、履歴曲線の安定化を図っています。これらの機構を設置した供試体を製作し、変動変位振幅載荷を行うことによって、荷重―変位履歴に及ぼす影響を明らかにしました。また、芯材の材料定数を波形鋼帯板の引張試験から定める方法を提案し、その妥当性を解析によって確認しています。

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ