トップページ/ニュース 目標に向けた頑張りを支援 「メイドー・MCS・長谷川奨学金」を8人に授与

奨学生決定通知書を手渡す長谷川士郎氏(左) 奨学生決定通知書を手渡す長谷川士郎氏(左)
長谷川氏(前列右から2人目)、吉久学長(同3人目)らと記念写真に収まる奨学生8人 長谷川氏(前列右から2人目)、吉久学長(同3人目)らと記念写真に収まる奨学生8人

本学卒業生の長谷川士郎氏(1958年法商学部商学科卒)と、同氏が経営に携わる自動車関連企業の株式会社メイドー、株式会社MCシステムズの寄付で創設された「メイドー・MCS・長谷川奨学金」の2015年度授与式が11月26日、本部棟5階の第1会議室であり、8人が奨学生決定通知書を受け取りました。
同奨学金は学業、課外活動などで目標に向けて強い志を持って取り組んでいる学生に贈られ、金額は1人あたり25万円。2013年度の創設以来、毎年8人に贈られており、今年度は法、理工、薬、人間の4学部から2人ずつが選ばれました。
授与式では、吉久光一学長が長谷川氏に感謝の意を述べるとともに「選ばれたことを誇りにして、自ら掲げた目標に取り組み、充実した学生生活を過ごしてください」と語りかけました。長谷川氏は一人一人に通知書を手渡した後、「卒業後は母校に対して何ができるかを考えてほしい。誇りを持って自己責任を果たしてほしい」と励ましました。
8人を代表して、がん治療専門の薬剤師を目指すという薬学部1年の尾藤夏帆さんが「患者さんや医療従事者から信頼され慕われるような豊かな人になるために奨学金を充てたい」と謝辞を述べました。

長谷川士郎氏
名城大学法商学部商学科の第6回卒業生。株式会社メイド―、株式会社MCシステムズの代表取締役会長。学校法人名城大学理事会顧問、同評議員。名城大学スポーツ・文化後援会の初代会長を務めた。

株式会社メイドー
本社・豊田市。長谷川裕恭(ひろやす)代表取締役社長。1924(大正13)年、名古屋市西区明道町で明道鉄工として創業。自動車関連のボルト・ナットメーカー。豊田、藤岡、三好工場、九州営業所などがあり従業員約1000人。品質管理面ですぐれた企業または個人に贈られるデミング賞を2010年に受け、2013年にはデミング賞大賞を受賞。2015年、トヨタ自動車品質管理優秀賞を4年連続受賞。

株式会社MCシステムズ
本社・名古屋市中川区。長谷川靖高代表取締役社長。1974年創立。トヨタ自動車をはじめ中部地区のトヨタ系自動車部品会社を主要ユーザーとする防錆金属表面処理、ネジ用摩擦係数安定剤の販売が主要事業。2013年にデミング賞を受賞。

FEATURE

  • 名城大学祭
  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ