トップページ/ニュース 理工学研究科の佐藤さんが日本機械学会年次大会で優秀発表賞

受賞者 佐藤慎哉さん(理工学研究科材料機能工学専攻修士課程1年、宇佐美初彦教授研究室)
受賞名 日本機械学会 機素潤滑設計部門 第21回卒業研究コンテスト 優秀発表賞
受賞日、開催地 2015年9月14日、北海道大学工学部
研究発表テーマ 転がり軸受の疲労特性に及ぼすショットピーニングとローラーバニシングの効果
日本機械学会2015年度年次大会機素潤滑設計部門卒業研究コンテストが開催され、28人の参加がありました。このコンテストにおいて首記題目で発表し、優秀発表賞6件の一つに採択されました。
研究は、機械的な表面改質処理によって産業機械の“米”と称される転がり軸受の性能向上を検討した内容です。改質条件の適正化によって、転がり軸受の寿命を数倍向上させました。機械的な手法で寿命向上を達成したため、非常に即効性の高い処理技術として期待されています。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ