トップページ/ニュース 名城大学が「なごやかまつり・ひがし」にブース初出展

ブース運営に協力してくれた日本酒研究会・ボランティア協議会・就職サポーターの皆さん ブース運営に協力してくれた日本酒研究会・ボランティア協議会・就職サポーターの皆さん

「名城大学と名古屋市東区との協力・連携の協定」の締結を契機として、名城大学は10月18日、区民祭り「なごやかまつり・ひがし」へ大学紹介ブースを今年から出展しました。

ブースでは、東区に2016年4月開設されるナゴヤドーム前キャンパスと外国語学部を、教職員と協力学生が紹介しました。また、オリジナルブランド「華名城」シリーズ(日本酒・アイスクリーム・飲む酢)などの販売も実施し、地域の皆さまにこれまでの大学の取り組みなどをPRしました。

初めて開設を知った区民の方は「大学が近くに出来るのは本当にうれしい、東区がイキイキしますね」と興味津々でした。

東区と連携・協力の協定 吉久光一学長「地域の課題解決の場に」

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • 名城大学バーチャルリサーチフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ