在学生・教職員/ニュース 建築学科の柳沢准教授研究室の活動が中日新聞に掲載されました

理工学部建築学科の柳沢究准教授研究室の学生が、名古屋市緑区有松の古民家(商家)再生に協力し、7月31日の中日新聞夕刊の一面に掲載されました。

柳沢准教授研究室は設計から作業までを手掛け、作業は「あじまの家」プロジェクトでも共に工事を行った有限会社工作舎中村建築代表の中村武司さん(1990年理工学部建築学科卒)の指導を受け、進められました。

中日新聞 CHUNICHI Web 「名古屋の商家を名城大生が再生 住民の負担、教育活用でカバー」

「あじまの家」プロジェクト

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ