トップページ/ニュース 天白区との連携協定で理工学部の高橋政稔教授が小学生を対象に交通安全に関する特別授業

  • 講義をする高橋教授 講義をする高橋教授
  • 熱心に授業を聴く児童たち 熱心に授業を聴く児童たち

 理工学部の高橋政稔教授が交通安全に関する特別授業を8月5日、本学のタワー75で天白区在住の小学4~6年生を対象に行いました。この特別授業は名城大学と名古屋市天白区が2014年12月に連携協力に関する協定を締結したことで実現。

 授業では、自転車や自動車の発展の歴史、交通事故の要因などを紹介し、高橋教授は児童たちに「交通ルールはしっかり守りましょう」「人に喜ばれる優しい人になってください」と話しました。

 当日参加した18人の児童たちからは「自転車の発明は子どものおもちゃの木馬がヒントになっていてびっくりした」「交通ルールをしっかり守ろうと思った」などの感想があり、交通安全に対する関心が高まっていました。

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ