トップページ/ニュース 名城大学技術士会が第8回定時総会および特別講演会を開催

  • 総会であいさつする板橋常勤理事 総会であいさつする板橋常勤理事
  • 中根洋治氏による特別講演会 中根洋治氏による特別講演会

名城大学技術士会は6月13日、第8回定時総会および特別講演会を天白キャンパス11号館1階の理工学部第1会議室で開催しました。地元だけでなく東京在住の会員や、特別役員である理工学部長の加鳥裕明教授、理工学部の各学科長、来賓として板橋一雄常勤理事、久保全弘副学長など60人近くが参加。2014年度の事業報告と2015年度の事業計画等についての報告・提案があり、承認されました。事業計画では、本学の在学生やJABEE修了生らの技術士資格に関する関心の高まりをふまえ、技術士の受験対策講座等の充実をさらに図っていく方針が示されました。総会後は、元愛知県職員で工学博士の中根洋治氏を講師に迎え、「現代に生きる地名の話」というテーマで特別講演会を開きました。講演会終了後には校友会館1階の「ベル」で懇親会を行い、来賓、理工学部関係者と会員相互の親睦を図りました。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ