トップページ/ニュース 7月2日、名城大学・公開講演会「セイロン瓜と地域連携」を開催

  • 1メートル以上の長い果実が並ぶ セイロン瓜のグリーントンネル 1メートル以上の長い果実が並ぶ セイロン瓜のグリーントンネル

7月2日、共通講義棟北1階のN105講義室で、名城大学・公開講演会「セイロン瓜と地域連携」が開催されます。
セイロン瓜プロジェクトは、経営学部のアーナンダ クマーラ教授の提案により鈴鹿市において始められた取り組みで、地域社会の活性化を図ることを目的の一つとしています。産・学・官が一体となり進めいるこのプロジェクトは、名城大学と天白区の地域連携活動や扶桑町などで「町の活性化事業」として位置づけられています。
どなたでも聴講できますので、ぜひご参加ください。

詳しくはイベントページをご覧ください。
名城大学・公開講演会「セイロン瓜と地域連携」

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • 名城大学バーチャルリサーチフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ