トップページ/ニュース 理工学研究科の小島さんが電子情報通信学会2015年総合大会で優秀ポスター賞を受賞

受賞者 小島茂也さん(理工学研究科情報工学専攻修士課程2年、山田宗男研究室)
受賞名 電子情報通信学会2015年総合大会 優秀ポスター賞
受賞日
開催地
2015年3月12日、
立命館大学 びわこ・くさつキャンパス ローム記念館
受賞
テーマ
感覚刺激および生理的磁気刺激を組み合わせたドライバ覚醒手法における覚醒持続時間に関する実験検証
山田宗男研究室では、これまでにない生理的磁気刺激による新たなドライバー覚醒手法についての研究開発および実用化検討を継続的に行っています。本研究は、即効性の高い感覚刺激とリバウンド現象を起こしにくい生理的磁気刺激による覚醒手法を組み合わせて用いた場合の効果継続性について実験検証を行ったものです。ドライビングシミュレータによる検証実験の結果、これまでの感覚刺激による覚醒手法に比べて、覚醒持続時間を十数分程度引き延ばすことが可能であり、リバウンド睡眠現象を抑制する効果があることが明らかとなりました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ