トップページ/ニュース 理工学研究科の小原さんらが、主張する「みせ」学生デザインコンペで優秀賞

  • 左から小原さん、長屋さん、加藤さん 左から小原さん、長屋さん、加藤さん
  • 受賞作品「光の降る街」 受賞作品「光の降る街」
受賞者
小原亮介さん(理工学研究科建築学専攻修士課程2年)
長屋美咲さん(理工学部建築学科3年)
加藤大誠さん(理工学部建築学科3年)
いずれも柳沢究研究室
受賞名 第12回 主張する「みせ」学生デザインコンペ優秀賞
受賞日
開催地
2015年1月23日
建築会館
受賞
テーマ
光の降る街
まちづくり、みせづくりである商業施設づくりに対する技術の向上と意識の高揚を目的に、商業施設技術団体連合会が主催する「第12回主張する『みせ』学生デザインコンペ」に応募した作品が、応募点数406点の中から優秀賞(2位)に選ばれました。
受賞した作品は「光の降る街」と題し、街中に吊り下げられた大小さまざまなライトの中に、街中に店舗を構える店・ネットショップなどを問わず、あらゆる店の商品が入れられ、街を歩く人が意図せずこの「浮遊するショーケース」を見ることで、今まで自分が触れる機会のなかった商品との新しい出会いを生むという、新しいスタイルの「みせ」を提案したものです。


受賞作品紹介(柳沢研究室ウェブサイト)

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ