トップページ/ニュース 理工学研究科の古山さんが地盤工学研究発表会で優秀論文発表者賞

受賞者 古山翔悟さん(理工学研究科建設システム工学専攻修士課程2年、小高猛司・崔瑛研究室)
受賞名 第49回地盤工学研究発表会
優秀論文発表者賞
受賞日
開催地
2014年7月15日~17日
北九州国際会議場
受賞
テーマ
不飽和-飽和領域でのベントナイト・珪砂混合体の強度・変形特性
地盤工学研究発表会では、毎年1500件程度の地盤工学に関わる最新の研究成果が発表されますが、概ね10分の1程度の若手研究者に優秀論文発表者賞が贈られます。
東日本大震災以来,放射性廃棄物処分の問題にも関心が集まっています。所属する研究室では,震災前からも放射性廃棄物を地盤内に処分する際の廃棄体の緩衝材となるベントナイトと呼ばれる粘土系材料についての研究に取り組んできています。今回の学会では、地下水冠水前の不飽和条件下での力学特性の解明をめざして実施してきた室内試験の成果を発表しました。今後の地層処分の実現にとって重要な知見を得ていることが認められ、今回の受賞となりました。

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ