移行用/ニュース 夢を応援する「メイド―・MCS・長谷川奨学金」を8人に授与

奨学生一人ひとりに奨学生通知を授与する長谷川靖高社長 奨学生一人ひとりに奨学生通知を授与する長谷川靖高社長
長谷川士郎氏(前列中央)、長谷川社長(同左から2人目)、中根学長らと記念撮影の臨んだ奨学生8人 長谷川士郎氏(前列中央)、長谷川社長(同左から2人目)、中根学長らと記念撮影の臨んだ奨学生8人

本学卒業生の長谷川士郎氏(1958年法商学部商学科卒)と、長谷川氏が経営に携わる自動車関連企業の株式会社メイドー、株式会社MCシステムズの寄付により2013年度に創設された「メイド―・MCS・長谷川奨学金」の2014年度授与式が11月20日、本部棟5階の第一会議室で行われました。中根敏晴学長は、「この奨学金は経済的支援だけを目的としたものではなく、目標の実現に向けた頑張りを支援したいという思いが込められています。奨学生に選ばれたことを誇りに、目標に向かい、充実した学生生活を送ってください」とあいさつ。寄付者を代表してあいさつに立った株式会社MCシステムズの長谷川靖高社長は、「皆さんは家庭の厳しい経済環境にあっても、くじけることなく、向学心に燃え、目標を持って、勉学に励んでいます。知識だけでなく人間性も磨いて、バランスを持った人間として目標に向かって頑張ってください」とエールを送りました。長谷川社長は奨学生一人ひとりに奨学生決定通知を授与。8人を代表して、教員志望だという法学部3年生、梶涼太さんが、「いただいた奨学金を夢への援助として受け取らせていただき、日々努力していきます」と謝辞を述べました。長谷川士郎氏も、「奨学金を志に向かう礎として頑張ってください」と激励の言葉を贈りました。

長谷川士郎氏
名城大学法商学部商学科の第6回卒業生。株式会社メイド―、株式会社MCシステムズの代表取締役会長。学校法人名城大学理事会顧問、同評議員。名城大学スポーツ・文化後援会の初代会長も歴任。

株式会社メイドー
本社・豊田市。長谷川裕恭(ひろやす)代表取締役社長。1924(大正13)年、名古屋市西区明道町で明道鉄工として創業。自動車関連のボルト・ナット製造メーカー。豊田、藤岡、三好工場、九州営業所などがあり従業員約1000人。2010年に総合品質管理の進歩に功績のあった民間の団体および個人に日本科学技術連盟から与えられるデミング賞、2013年にはデミング賞大賞を受賞。

株式会社MCシステムズ
本社・名古屋市中川区。長谷川靖高代表取締役社長。1974年創立。トヨタ自動車をはじめ中部地区のトヨタ系自動車部品会社を主要ユーザーとする防錆金属表面処理、ネジ用摩擦係数安定剤の販売が主要事業。2013年にデミング賞を受賞。
  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ