在学生・教職員/ニュース 「未来を創造する新産業フォーラム・未来展2014」にメカトロニクス工学科が出展

「未来を創造する新産業フォーラム・未来展2014」(中部産業連盟主催、経済産業省中部経済産業局など後援)が3月4日から6日まで、名古屋国際会議場で開催されました。名城大学からは理工学部メカトロニクス工学科がブース出展。パネル展示では、メカトロニクス技術を駆使した超省エネルギーシステムの研究、および数々の賞を受賞した血管内手術シミュレータ「EVE(イブ)」などの展示を行いました。動画による展示では、指示された本を本棚の指定場所に格納できるロボットなどのデモ実験を紹介。また特設ステージでは同学科の研究内容や、特徴あるカリキュラムなど学科紹介が行われました。
初日の交流イベントセッションでは、ロボットクリエーターで「ロボット宇宙飛行士KIROBO(キロボ)」の生みの親である高橋智隆氏、映像クリエーターの手塚眞氏が、「アトムと未来のロボット社会」をテーマにトークショーを開催。このトークショーでは同学科の大道武生教授がコーディネータを務め、ロボットの魅力や将来の展望について、お二人にそれぞれの思いを語ってもらいました。会場からの参加もあり、ロボットや人について、夢のある楽しい時間が共有されました。

  • ロボットクリエーターの高橋氏(左)と大道教授 ロボットクリエーターの高橋氏(左)と大道教授
  • メカトロニクス工学科のブースを訪れた 来場者たち メカトロニクス工学科のブースを訪れた 来場者たち

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ