在学生・教職員/ニュース 理工学研究科修了の田邉さんが電気学会優秀論文発表賞を受賞

受賞者 田邉 顕さん(大学院理工学研究科電気電子工学専攻博士課程前期2014年3月修了、清水教之教授・村本裕二准教授研究室)
受賞名 平成25年電気学会優秀論文発表賞
受賞日
開催地
2014.3.18~20
愛媛大学城北キャンパス
研究発表
テーマ
シリコーンゴムの電気トリー発生電圧に及ぼすH2O分子の影響
シリコーンゴムは様々な機器の電気絶縁材料として用いられる重要な材料です。これまでに筆者らは、シリコーンゴム内の気体水分子は電気トリー発生電圧を低下させることを報告してきました。
本報告では、気体水分子がシリコーンゴム内に存在するとき、その主鎖であるシロキサン結合に与える影響を計算機シミュレーションによって検討しました。その結果、気体水分子の水素原子とシロキサン結合内の酸素原子とが水素結合を形成することによって、シロキサン結合を弱体化させることが明らかになりました。

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ