在学生・教職員/ニュース 第3回「赤﨑奨学金」授与式を開催

赤﨑教授(中央)との記念撮影に臨んだ左から奥村さん、塚本さん、肥田さん、戸邊さん 赤﨑教授(中央)との記念撮影に臨んだ左から奥村さん、塚本さん、肥田さん、戸邊さん
赤﨑教授から奨学生決定通知書を受ける奥村さん 赤﨑教授から奨学生決定通知書を受ける奥村さん

「赤﨑奨学金」の第3回授与式が10月7日、本部棟5階の第一会議室で開催されました。同奨学金は、理工学研究科の赤﨑勇教授が、2009年に京都賞を受賞された記念に、賞金の一部を寄付され2011年度に設けられました。本学大学院博士後期課程および博士課程(薬学研究科)に在籍し、学内外の教育研究活動等 に優れた業績を挙げた学生に対し、毎年5人を上限に20万円が贈られます。

第3回受賞者は薬学研究科3人、理工学研究科、農学研究科各1人の計5人。授与式では赤﨑教授から出席した4人に、奨学生決定通知書が授与されました。受賞者を代表して、理工学研究科電気電子・情報・材料工学専攻3年の奥村賢直さんが「栄誉ある赤﨑奨学金の名に恥じぬよう、より一層研究に励みます」と謝辞を述べました。授与式には中根敏晴学長はじめ3副学長、3研究科長らも出席。中根学長は「青色発光ダイオードを発明され、ノーベル賞候補に挙がっている赤﨑教授の奨学金制度に選ばれたことを誇りとし、さらなる有意義な研究に邁進してください」と祝辞を述べました。

氏名・研究科研究テーマ
奥村 賢直(おくむら・たかまさ)
理工学研究科
電気電子・情報・材料工学専攻3年
電界が植物の成長に及ぼす影響
塚本 浩貴(つかもと・こうき)
農学研究科農学専攻3年
二成分流体の臨界点近傍での過剰熱力学量の特異的な挙動
肥田 裕丈(ひだ・ひろたけ)
薬学研究科薬学専攻2年
(薬物治療科学)
統合失調症の発症に関与する共通因子の探索と機序解明:プロスタグランジンE2の役割
戸邊 隆夫(とべ・たかお)
薬学研究科薬学専攻1年
化学物質・金属類の細分化および維持への作用を介したヒトへの影響
向山 直樹(むこうやま・なおき)
薬学研究科薬学専攻1年
血液腫瘍患者における抗がん剤治療の副作用や支持療法の調査

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ