在学生・教職員/ニュース 産学官連携で理工学部の福田教授に文部科学大臣賞

文部科学省は理工学部メカトロニクス工学科の福田敏男教授に、産学官連携功労者表彰として文部科学大臣賞を授与しました。
産学官連携功労者表彰は、大学、公的研究機関、企業等の産学官連携活動で優れた成功事例を称えるもので、2003年度から行われています。
福田教授の受賞対象となった取り組みは「血管内治療の技術トレーニングのためのテーラーメイド超精密手術シミュレータの開発」。25 年間に及ぶ先駆的な医工連携研究の成果で、CT(コンピューター断層撮影)によって、患者の血管を精密に再現したカテーテル手術トレーニング用の血管立体モデルEVE(イブ)を、世界で初めて実現し、実用化に成功しました。モデルは独自開発(材料開発を含む)の技術により、血管形状の再現に加えて、血管組織の物理特性を再現。大学発ベンチャー事業の先駆的存在としても、社会に大きく貢献したことが評価されました。表彰式は8月29日に行われました。
  • テーラーメイド超精密手術シミュレータEVE テーラーメイド超精密手術シミュレータEVE

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ