移行用/ニュース 【卒業生・在校生・教職員対象】名城大学新校友会館の外観デザインを公募します。

名城大学への思い、形にしませんか。

名城大学の校友会館は1968年の竣工から今日まで、校友会事務室や厚生施設が入る建物として卒業生や学生、教職員の皆様に長く親しまれてきました。
このたび、より皆さまに広く利用され愛される施設となることを目指し、名城大学前郵便局等と統合して新たに新校友会館として生まれ変わります。
新校友会館は国道153号線に面し、校友会事務室や郵便局・食堂等の厚生施設が入ることから、卒業生・在学生・地域の皆さまと名城大学の懸け橋となる重要 な建物です。名城大学の新たなシンボルとして名城大学らしさを表現すると共に、より多くの方に認知され愛される建物を目指しています。
そのような願いを込め、ここで新校友会館外観デザインのアイデアを募集します。名城大学への思いのつまった提案を期待します。奮ってご参加ください。

名城大学新校友会館外観デザインコンペ
対象範囲 国道153号線に面する敷地内のエリア
図-1・2)対象エリア・概要・平面図他
図-1・2)対象エリア・概要・平面図他1,201KB)
図-3)新校友会館立面図
図-3)新校友会館立面図200KB 2013/4/30追加
主催者 名城大学新校友会館外観デザイン選定委員会
応募資格等 本学の大学院生・学生・卒業生・教職員とし、本コンペの審査委員ではない者。個人、あるいは、個人同士の組み合わせ(グループ)での応募とする。ただし、重複して複数のグループでの参加は認められない。1グループにつき、1作品とする。
実施スケジュール 質疑書受付期限 2月26日(火)
質問回答書送付 3月4日(月)
応募作品受付期間 3月11日(月)~5月10日(金)必着
第1次審査結果発表 5月17日(金)
第2次審査・結果発表 5月24日(金)
  • ※第2次審査は提出資料と応募者によるプレゼンテーションにより選定します。
表彰式 5月27日(月)
提出物 以下の提出物を期間内に、一括して施設部まで郵送により提出してください。
  1. 応募用紙(様式1
  2. 実施体制(様式1-2
  3. 応募作品
    コンセプト・提案意図が理解できる図等:A1判1枚 1部
    • ※1台紙は不要、用紙は自由とする。
    • ※2必要に応じて、パース、CG、模型写真、画像等を付してもよいこととする。
      なお、審査の公平性のため、応募作品には作者を特定できる記号・記述(氏名等)を記載はしないこと。

【提出先】
〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口1-501
名城大学経営本部 施設部管財・再開発
担当者:谷川 愛
TEL:052-838-1151

質疑等 質疑のある場合は、下記手順にて行ってください。
  1. 質疑は質疑書(様式2)により行うこととする。
  2. 質問は質疑書1枚につき1問とする。質問が複数ある場合は、質疑書を複写して使用することとする。
  3. 質疑書は、施設部にE-mail(atanigawa@ccmails.meijo-u.ac.jp)にて提出することとする。その際のメールの件名は「名城大学新校友会館外観デザインコンペ質疑書送付」とする。
表彰等 最優秀賞1点、優秀賞2点(以下、「入選作品」)を選定し、入選作品の応募者に賞状および記念品を授与します。なお、優秀賞の点数については、審査員の判 断で変更することがあります。また、入選作品以外に、特に奨励する作品があった場合は、その作品の応募者に賞状を授与します。

【最優秀賞受賞作品の取扱い】
  1. 最優秀賞受賞作品を新校友会館の外観デザインとして採用する。
    ただし、協議の上、そのデザイン等を修正する可能性がある。
  2. 最優秀賞受賞作品は、製作者のネ-ムプレ-トを付け、永く顕彰する。
応募作品の返却 応募作品の返却は、以下の取り扱いにより行います。
  1. 応募作品のうち、入選作品については、返却しないこととする。
  2. 応募作品のうち、入選作品以外の応募作品は、返却を希望する応募者に限り返却することとする。この場合、作品返却願(様式4)を2013(平成25)年5月24日~2013(平成25)年6月28日までの期間に事務局に郵送により提出することとする。
  3. 応募作品を施設部に直接取りに来る場合は、予め施設部に連絡をすることとし、応募作品受領票と引き換えに応募作品を返却する。
  4. 郵送等による返却を希望する場合は、作品返却願(様式4)に応募作品受領票、作品の梱包材料、宛名・宛先を記入した送料着払いの送付用ラベルを添え2013(平成25)5月24日~2013(平成25)6月28日までの期間に施設部に送付することとする。
  5. 応募作品の返却時期は、本コンペにおける一切の事務が終了した後とし、施設部が定める。
  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ