移行用/ニュース 模擬裁判を実施しました

 平成24年12月14日と17日の2日間にわたって、附属高校からの進学予定者を対象に、入学前教育の一環として模擬裁判を行いました。これは同時に、 「教えることを通じて学ぶ」ことを趣旨として開設されている学部科目である特設科目「実践法教育」の受講者が、1年間の受講成果を発表する場でもありま す。また、今年度の本科目の受講生(学部生19名)と進学予定者(附属高生33名)の交流の場ともなりました。


 14日は、本学共通講義棟北3階にある模擬法廷を使用して、「実践法教育」受講者が作成したシナリオにもとづき、受講者が裁判官、検察官、弁護人、被告人、証人等の役割を本物の裁判さながらに演じ、附属高生が熱心にその内容に聞き入っていました。


 17日は、学部生、高校生が5つのグループに分かれ、学部生が法の専門家である裁判官役、高校生が一般市民から選ばれた裁判員役となり、被告人の有罪・ 無罪を評議しました。評議は有罪・無罪が拮抗する白熱したものとなり、もう少し時間が欲しかったとの意見も聞かれました。


 模擬裁判、評議を経験した高校生からは、討議の場で自分の意見を的確に述べることの難しさや、今後の法学部での学習への興味が高まったとの感想がもたら されました。模擬裁判は昨年度に引き続いての取組であり、昨年度附属高生として参加してくれた数名が、本年度は学部生として引き続き参加してくれ、継続性 の意義も実感された取組となりました。
  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ