移行用/ニュース 理工学研究科生が地盤工学会で優秀論文発表者賞

大学院理工学研究科建設システム工学専攻修士課程1年生の高田英典さん(小高猛司教授研究室)は、青森県八戸市の八戸工業大学で2012年7月に開催され た、地盤工学会の第47回地盤工学研究発表会で優秀論文発表者賞を受賞しました。講演テーマは「粒状ベントナイト緩衝材の変形・強度特性」。

高田さんの研究は、放射性廃棄物の地中処分に必要とされるベントナイトという地盤材料の性能評価を行ったもので、受賞に際し「本研究が、我が国で急務と なっている放射性廃棄物処分の問題解決に役立てば幸いです。今後はこの受賞を励みとして、さらなる研究に取り組みたいと思います」と喜びを語りました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ