移行用/ニュース (学)名城大学基本戦略MS-15に日本私立学校振興・共済事業団が補助金

日本私立学校振興・共済事業団(河田悌一理事長)の平成24年度私立大学等経常費補助金特別補助の未来経営戦略推進経費(経営基盤強化に貢献する先進的な取り組み)として、学校法人名城大学が2005年度から取り組んでいる基本戦略MS-15(Meijo Strategy-2015)が 採択されました。同事業団の私立大学等経常費補助は文部科学省からの交付金に基づき行われるもので、この未来経営戦略推進経費は、他大学においてもモデル となる、先進性を秘めた特色あるガバナンス改革等を実施して一定の成果を上げており、経営基盤強化が期待できる大学等を対象にした補助事業です。採択され た大学等には、1校あたり1000万円の補助金が交付されます。

経営本部総合政策部((併)MS-15推進室)の鶴田弘樹課長は、「日本の私立大学では、戦略経営の導入が自主性に任されており、この戦略経営に関しての 組織運営はまだ緒についた段階と言えます。このような状況の中、本学のMS-15の取り組みが先進事例として国から評価されたことは、組織として大変名誉 なことだと思います。まだまだ課題はありますが、さらに戦略の実質化に向けて努力していきたいと考えています」と話していました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ