移行用/ニュース 実りの秋を実感!農学部附属農場で収穫祭を開催

農学部附属農場の収穫祭が10月20日、秋晴れの中、学生、教職員とその家族など約300人が参加し、開催されました。
開催に先立ち、農学部長の大場正春教授が「田植祭からたった4か月でこのような豊かな恵みを与えてくれた自然の力と、それに支えられている人の営みに思い を馳せながら、秋の自然を楽しんでください」とあいさつ。その後、参加者は農場職員から稲の刈り方や束ね方を教わりながら、黄金色に実った稲を刈り、収穫 を楽しみました。 稲刈り終了後には農場特製の豚汁などが振る舞われ、収穫作業を終えた参加者たちは、とてもおいしそうに頬張っていました。なお、今年の豚汁の1つの鍋に は、応用微生物学研究室から提供された特製味噌が使用され、大好評でした。

附属農場では、今年も11月10日にオープンファームを開催します。
当日は農業体験や農産物販売、園芸教室など農場ならではのイベントを催します。お時間のある方は、ぜひご参加ください。
なお、イベントの詳細は こちら に掲載しています。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ