移行用/ニュース 情報センター学生スタッフが「サーバー構築講座」を開催

情報センター学生スタッフは10月10日、一般学生を対象に「サーバー構築講座」を情報処理教室で実施しました。サーバーの仕組みと役割を理解した上で、教室内のパソコン上にインストールされている仮想のLinuxを用い、各自でWebサーバーの構築を行うものです。
学生スタッフたちは、自分専用のWebサーバーをApacheで構築した上で、リモート操作が可能なようにSSHサーバー、動的なプログラムも動くようにPHPも設定し、インターネット上の掲示板を設置するまでの流れを説明しました。
非常に難易度の高い内容でしたが、以前に比べ理工学部以外の学生も多数参加し、各自でWebサーバーを構築することができました。本講座で学んだ知識と技術で、大学内や家庭などでサーバーを構築・運用できる学生が増えることが期待されます。
今後はプログラミング、セキュリティ、スマートフォンアプリをテーマに講座を計画中。回を重ねてさらに難易度の高い講座になっていますが、是非ご参加ください。


Linux:誰でも無料で利用できるOS(オペレーティングシステム)。
Webサーバー:インターネット上でホームページを提供するサーバー。
Apache:無料で使えるWebサーバーを動かすためのプログラム。
SSH:セキュリティを考慮してリモートアクセスを可能とするプログラム。
PHP:Webサーバー上で動的なコンテンツを作るためのプログラム。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ