移行用/ニュース 都市情報学部で公開講座「医療の質と患者安全を支える医療サービスとは」を開催

都市情報学部は11月1日、公開講座「サービスサイエンスと都市情報学15」を開催し、市民、学生、教職員、約250人が聴講しました。
テーマは「医療の質と患者安全を支える医療サービスとは」。
岐阜大学の白鳥義宗准教授が「電子カルテシステム導入による医療の質への貢献」、小牧市民病院副院長の松本修一氏が「患者安全は病院経営と患者満足度向上に不可欠か」と題し、講演を行いました。
講演では、電子カルテ導入は単に紙媒体をなくすことではなく、問題解決ツールとなっていることなどが発表されました。
講演終了後は、都市情報学部の木下栄蔵教授、昇秀樹教授、司会の酒井順哉教授を交えてのパネルディスカッションが行われ、現在の医療はチーム医療が主流で あり、病気に対して患者もチームの一員となって共闘し、患者満足度向上を目指すものになっていることなどが述べられました。
また、参加者からは専門分野に関する質問も飛び出し、熱気を帯びたディスカッションとなりました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ