移行用/ニュース 都市情報学部で就職対策講座「自己PR」「マナー講座」を開催

都市情報学部で10月18日「自己PR講座」、10月25日「マナー講座」が開催され、両日とも約150人の3年生・院生が参加しました。12月1日の就職活動解禁を間近にしたこの時期に合わせ、学生の意識向上を目的としたものです。
当日は、外部講師を招き、スーツ姿の学生たちは服装チェックを受けたのち、緊張した面持ちで講習を受けていました。「自己PR講座」では、学生たちは自分 の長所とそれを裏付けるエピソードを事前に考えて臨み、自分の言葉で相手に伝えることの大切さを学んでいました。また、「マナー講座」では第一印象の重要 性、言葉遣いでのクッション言葉の活用法などのほか、電話応対の実習を行い、具体的アドバイスを受けていました。
両日とも無意識に肘をついて話を聞く学生に間髪を入れず注意するなど、講師の方の熱意が感じられる講習となり、学生たちもこれからの"就活"本格化に向けて気合いを入れ直していました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ