移行用/ニュース 薬学部博士研究員が2つの学会賞を受賞

薬学部の野田幸裕教授研究室に籍を置く水野智博博士研究員(日本学術振興会:特別研究員)が、10月10~15日、ギリシャ・クレタ島(ハニア)で開催さ れた第24回国際補体ワークショップでポスター発表を行い、Trainee Awardを、10月28日に新潟市で開催された日本医療薬学会でPostdoctoral Awardをそれぞれ受賞しました。
Trainee Awardは若手研究者(学生およびポスドク)を対象とした奨励賞で、水野さんは免疫反応に関与する生体内物質である補体の活性を抑制することで、腹膜障害の軽減に繋がるとする研究内容を発表。
水野さんを含め2人の日本人が受賞しました。Postdoctoral Awardは若手研究者を対象に、博士課程在学時に取り組んだ研究内容について、今後の展開性や申請者の将来性を加味し贈られる賞(5人が受賞)で、水野 さんは「腹膜透析による合併症の発症メカニズム・新規治療法の探索」と題した研究内容で受賞しました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ