移行用/ニュース 「環境科学実験の楽しみ」で第2回総合数理談話会

総合数理教育センターは10月25日、総合数理サロンにおいて「平成24年度第2回総合数理談話会」を東京理科大学理学部物理学科の川村康文教授を講師に 迎え、開催しました。テーマは「人生を楽しく生きる!~環境科学実験を楽しみながら~」。高校生・大学生、教員および一般市民など16人が参加しました。
川村教授は、太陽電池フィルムやサボニウス型風車(フィンランドのサボニウスが発明した風車で、円筒形を縦に2つに切った形をしている)を自作する活動に ついて講演。参加者たちは「ぜひ作ってみよう」と大いに刺激を受けた様子でした。川村教授は「科学を楽しみながらあれこれと思いを巡らせると、科学に対す るイメージもふくらみ、学習意欲が培われる」とも語りました。
最後に、川村教授が作詞・作曲した同教授が立ち上げた東日本大震災復興支援「つながる思いプロジェクト」のテーマソング「つながる思い」が演奏され、大きな拍手に包まれました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ