移行用/ニュース 都市情報学部で可児市主催の夏休み親子体験教室

都市情報学部で平成24年8月7日、可児市都市計画課主催の夏休み親子体験教室「パソコンで挑戦するCG世界の風景!」が開催されました。

可児市が、地域の景観を生かしたまちづくりを推進するために企画したもので、可児市在住の小中学生と保護者38組83人が2回に分かれ参加しました。

体験教室では、可児市景観審議会委員でもある亀井栄治教授(景観工学)が講師を務め、1回2時間でCGソフトを使い、各自のオリジナルの風景を作り上げました。

参加者たちは雲や河川の配置を考え、樹木や太陽の位置や高さを工夫。
小中学生たちは、自在に風景が変えられることの面白さに魅せられた様子で、作成した画像はA3サイズのポスターとして印刷し、それぞれの作品として持ち帰りました。

※CG:コンピュータグラフィック

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ