移行用/ニュース 出版報告会を開催しました



5月31日(木)、法学会研究会が開催されました。今回の研究会では、法学部の柳勝司教授(民法)が、名城大学法学会選書として4月に出版された『委任による代理』の出版報告会を行いました。

同書は、「委任」と「代理」の関係性について、「委任と代理とを区別して、委任とは異なる独自の代理権授与行為によって代理は生ずる」というドイツ民法 的な解釈(多数説)に対して、文言および立法者意思に忠実に、「委任契約により代理が生じる」と解釈すべきであるという、長年にわたる柳先生の御研究の成 果です。

研究会では、まず柳先生による同書の紹介と解説がなされ、同書の主張である「委任による代理」、そして「わが国の民法がいかなる解釈をとるべきか」とい う問いをめぐって、柳先生と各教員との間で、「民法以外の法との整合性はどう考えるか」「立法論とすべきではないか」等、活発な議論が交わされました。
  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ