トップページ/ニュース 農学部が天白キャンパスで清掃活動

8月4、5日に天白と八事のオープンキャンパス

熱心に草を刈る学生と教授 熱心に草を刈る学生と教授

農学部の3、4年生と教職員らが日頃の教育・研究活動で使っている施設周辺の美化活動を行う「Working Bee(ワーキング・ビー)」が7月20日、天白キャンパスで行われました。環境美化の大切さを認識し、学びの場への感謝の気持ちを表すため、毎年4月とオープンキャンパス前の恒例行事となっています。

この日は、上船雅義准教授がハンドマイクで注意を呼び掛けてから作業開始。参加者は研究実験棟Ⅰと9号館、温室などの周りで草を刈ったり、木の枝を切ったり、ごみを拾ったりしました。草を取りにくい斜面にも手を伸ばす熱心な学生もいました。

いつもは1時間の作業ですが、熱中症防止のため30分で終えました。

天白キャンパスでは8月4、5の両日にオープンキャンパスが行われます。

  • 研究実験棟Ⅰの前で注意事項を聞く参加者 研究実験棟Ⅰの前で注意事項を聞く参加者
  • 刈った草をごみ袋に詰める学生たち 刈った草をごみ袋に詰める学生たち

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ