移行用/ニュース 天白キャンパス内のエネルギー設備の見学ツアーを実施しました

施設部は6月21日、学生を対象に天白キャンパス内のエネルギー設備の見学ツアーを実施しました。

本学の環境マネジメントシステムの一環である学生ワーキングを通じて参加を呼び掛け、エネルギーの大切さや、省エネに対する意識を持ってもらうことを目的に平成21年度から毎年1回開催し、今回で4回目になりました。

当日は雨の中、約40人の学生が参加し、天白キャンパスの施設設備を管理している名古屋ビルサービス(株)の説明のもと、安全に配慮しながら、共同溝やエネルギーセンターを約1時間かけて周りました。
参加した学生は、「今日見た場所は、上の階で授業している私たちを支えている大切な設備で、まさに縁の下の力持ちですね」と話していました。

施設部では、今回、雨で中止となった太陽光パネルやヒートポンプチラーなどが見学できるツアーを再度検討しています。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ