移行用/ニュース 理工学部生が情報処理学会で学生奨励賞を受賞しました。

3月6~8日に名古屋工業大学で開かれた情報処理学会第74回全国大会で、理工学部情報工学科4年の伊藤智洋さん(渡邊晃研究室)、上醉尾(かみえのお)一真さん(鈴木秀和研究室)、小菅王春(たかはる)さん(鈴木研究室)が、それぞれ学生奨励賞を受賞しました。

発表した論文のテーマは、伊藤さんが「アドホックネットワークにおけるストロングビジートーンの導入とバックオフアルゴリズム修正の提案」、上醉尾さんが 「IPv4/IPv6混在環境におけるNTMobileの検討」、小菅さんが「路線バスの運行状況とバス利用者の歩行速度を考慮したナビゲーションシステ ムの提案」でした。

3人は4月から本学大学院に進学し、引き続き研究を行っています。
今後の研究活動が期待されます。

【写真】左から伊藤さん、小菅さん、上醉尾さん

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ