移行用/ニュース 薬学部「臨床判断能力向上のための共育プログラム」が4月からスタート

「共育プログラム」(文部科学省「専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業」)が4月からスタートします。

 平成23年度に採択された文部科学省における「専門的看護師・薬剤師等医療人材養成事業」(3カ年)の本学の取り組みは、「臨床判断能力向上のための共育プログラム-気づきを与える指導薬剤師の養成を目指して-」です。

 同事業は、チーム医療の推進に資する高度な看護師・薬剤師等の養成を図るために文部科学省が行っている事業で、本学の取り組みは、薬剤師としての臨床判断能力と指導者としてのコーチング能力の向上をめざし、スクーリングとeラーニングを組み合わせ、薬学部学生と薬剤師が共に育つ「共育」の実現を図ることを目標にしています。

受講対象

①病院もしくは薬局における実務実習の指導薬剤師
②教育に熱意のある若手薬剤師(実務経験5~10年程度

参加費

無料(ただし、スクーリングの大学までの交通費は自己負担になります。)

受講期間

受講期間募集期間定員
第1クール 平成24年4月~9月 募集は終了しました 1クール
30人
第2クール 平成24年9月~平成25年2月 募集は終了しました
第3クール 平成25年4月~9月 1月募集開始予定
第4クール 平成25年9月~平成26年2月 募集未定



実施スケジュール

■平成24年度
第2クール
第1クール
スクーリングeラーニング
第1回 4/28(土) 14:00~17:00 プレワークショップ(半日) e-PBL
9/29(土)
第2回 5/27(日) 10:00~16:00 PBL形式のカリキュラム「薬物治療学」の実践(1日)

【コーディネーター】
大津史子 准教授
(名城大学薬学部 医薬品情報学)

【講師】
<医師>
早川伸樹 教授
(名城大学薬学部 臨床薬物治療学Ⅰ)
<薬剤師>
武藤達也氏(名鉄病院)

10/14(日)
第3回 6/24(日) 10:00~16:00 フィジカルモニタリングの訓練(1日)
(シミュレーター、簡易検査等)

【コーディネーター】
永松 正 教授
(名城大学薬学部 臨床疾患制御学)

【監修】
早川伸樹 教授
(名城大学薬学部 臨床薬物治療学Ⅰ)
脇田康志 教授
(名城大学薬学部 臨床薬物治療学Ⅱ)

臨床判断能力育成のためのシミュレーション訓練
11/11(日)
第4回 7/29(日) 10:00~16:00 コーチング研修(コーチングスキルを学ぶ)(1日)

【講師】
藤崎和彦 教授
(岐阜大学医学教育開発研究センター)

e-PBLにおけるコーチングのロールプレイ
1/20(日)
第5回 9/8(土) 14:00~17:00 ポストワークショップ(半日)
2/16(土)

※第3・4クール(平成25年度)のスクーリングスケジュールは平成25年1月以降にご案内します。

※スクーリングは、1~2ヶ月に一度、土曜日(半日)もしくは日曜日(1日)に
名城大学薬学部八事キャンパスにて実施します。
時間は、原則として土曜日は14時~17時、日曜日は10時~16時です。
また、スクーリングは、(財)日本薬剤師研修センターの研修シールの発行対象となります。

お問い合わせ

「共育プログラム」事務局 TEL 052-839-2636
責任者 長谷川 洋一

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ