トップページ/ニュース 【M-CAP】エアライン業界研究発表会&講演会を開催!(後編)

M-CAP ~名城キャビンアテンダントプログラム~エアライン就職サポート

12月23日(祝)にM-Lineメンバーによる「エアライン業界研究発表会&講演会」が行われました。後半は特別ゲストとしてお越しいただいたECCエアライン学院の松田先生に講演を行っていただきました。エアライン業界の最新情報や裏話など、グループワークを交え、考えながら業界全体についての理解を深めました。

<M-Line>M-CAPの一環でエアライン業界の研究をしているグループ。外国語学部・人間学部の1年生を中心に活動しています。

≪講師からのメッセージ(抜粋)≫

名城大学は総合大学であるという強み、さらに外国語学部は1期生である(=新しく作り上げていける)という強みがあります。大学生として、本業である学問を深く学び、キャンパス内にあるいろいろな学びの場(大学行事、ボランティア活動やサークル活動など)を最大限活用して、内面を磨いていきましょう。成長できる環境が十分に整っています。
また、1年生、2年生からこういった勉強会に参加して意識を高く持つことは重要です。今からでも準備できることはたくさんありますが、例えばTOEICなど、時間をかけてじっくりと実力を伸ばしていくものには、早くから取り組んでおくと良いでしょう。
M-Lineの方々の発表は、先輩のいない中で、1年生ながらも努力してしっかり準備されてきたのだなと感じられるものでした。この経験は大きな財産です。
講演後も個別に多くの学生さんが質問に来てくれました。これからの皆さんの成長がとても楽しみになりました。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ