トップページ/ニュース 【M-CAP】JAL羽田空港見学 参加者の声(3)

見学全体を通して

10月31日のJAL羽田空港見学に参加した学生の声をお届けします。

≪見学全体を通して≫

(参加者の声)

「様々な職種を近くで拝見しリアルに現場を感じることができました。飛行機の離発着を見ながらお話を聞き、本当にあっという間に時間が過ぎました。」(外国語学部/女子)

「見学の後、JALの飛行機に乗って帰りました。1機の飛行機を飛ばすのにたくさんのチームがかかわっているということが身に染みて理解できました。」(外国語学部/女子)

「今までは直接お客様にかかわる仕事にばかり目がいっていましたが、飛行機の近くで行う業務で、間接的にお客様のために貢献できる仕事にも魅力を感じました。」(外国語学部/女子)

「羽田空港を見学させていただいたことで、中部国際空港との大きさの違いに驚き、それぞれの良さ・魅力を改めて感じたり考えたりする機会になりました。」(外国語学部/女子)

「空港内にある様々な配慮に対し、新しい製品も使われており、JALや航空関係だけでなく、お客様の役に立つ商品開発などの他業界に対する興味もわきました。」(理工学研究科/男子)

「社員の方々の責任を持って仕事に臨む姿にプロフェッショナルを感じた。」(経営学部/男子)

「整備の仕事は大変だというイメージだったが、実際の現場を見ると、やりがいのある仕事だという印象が強く、ぜひ目指してみたいと思いました。」(理工学部/男子)

学生の感想は多岐にわたりました。ご協力いただきましたJAL関係者の方々のおかげで大変有意義な1日になりました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ