/ニュース 総合研究所が「健康・スポーツ」シリーズ第4回公開講演会を開催

総合研究所は11月24日、ナゴヤドーム前キャンパス南館305講義室で「健康・スポーツ」シリーズの公開講演会を開催し、地域の方々約50名が参加しました。

シリーズ第4回となる今回は、外国語学部国際英語学科の冨岡徹教授が、「『もぐもぐタイム』からみる日本人の所作・思考」をテーマに講演を行いました。外国人と日本人の身体の動かし方の違い、健康的な姿勢の作り方など実例を用いて説明しました。

質疑応答の際は、「日本人の欧米化が進んでいるのでは?」「開脚前屈をするには?」

「細胞が自殺するとは?」など、熱心な質問が相次ぎました。さらに、「教えていただいたことを今後の生活に活かしたい」「話がわかりやすく時間があっという間にすぎた。」など好評の声があり、盛況となりました。

次回も「健康・スポーツ」シリーズにて、来夏開催予定です。ぜひご参加ください。

FEATURE

  • 新年度お役立ち情報
  • HELLO WORLD!
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ