トップページ/受賞 理工学研究科の中山さんが土木学会全国大会で優秀講演者

受賞者 中山 雄人さん(理工学研究科社会基盤デザイン工学専攻修士課程1年、小髙猛司教授研究室)
受賞名 土木学会全国大会 第73回年次学術講演会 優秀講演者
受賞日 2018年11月12日
受賞テーマ 破堤箇所で採取した二ツ森川堤防土の力学特性の評価

土木学会平成30年度全国大会第73回年次学術講演会で、社会基盤デザイン工学専攻の中山雄人さんが優秀講演者を受賞しました。本賞は、講演を行う個人会員の中で、40歳以下の研究者、技術者を対象に、論文内容に加え、講演が簡潔明瞭で優れた者に与えられる賞です。
本講演では、平成29年の台風で破堤した実河川堤防で採取した堤体材料の力学特性を求め、破堤原因を検討したものです。河川堤防が浸透破壊で破堤に至る原因として、堤体材料の脆弱(ぜいじゃく)性が大きな割合を占めることを、新たな試験法を提案しつつ明解に示したことが高く評価されました。

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ