トップページ/ニュース 【在学生入場無料】徳川美術館で企画展「書は語る ―30センチのエスプリ―」を開催

名古屋市東区の徳川美術館で、1月4日から企画展「書は語る―30センチのエスプリ―」が開催されています。
おおよそ縦30センチ、横40~50センチの懐紙と、それを縦に八等分した短冊は、古くから自詠の和歌を記すために用いられてきました。天皇や公家、武家から近代文学を代表する文化人まで、懐紙や短冊に染筆された書を通じて、歴史上の人々の人物像を探訪します。

徳川美術館 企画展
「書は語る―30センチのエスプリ―」
開催期間 1月4日 (金) ~ 2月3日 (日)
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(ただし1/14は開館、1/15は休館)

名城大学は徳川美術館の大学メンバーシップに加盟しているので、本学の学生は入館する際に学生証を提示すると、徳川美術館に何度でも無料で入館することができます。尾張徳川家の旧蔵書を中心に和漢の古典籍を所蔵する「蓬左文庫」にも入館することができます。この機会にぜひ訪れてみてください。

徳川美術館大学メンバーシップについては、以下のページを参照してください(学内各所の掲示板にポスターを掲示するほか、ナゴヤドーム前キャンパスではデジタルサイネージにお知らせを表示しています)。
メンバーシップ制度 徳川美術館大学メンバーシップ

FEATURE

  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ