トップページ/ニュース 2019年度上期職員業務改善表彰式

上期の提案86件のうち41件が表彰対象に

表彰状を手にする職員と立花貞司理事長ら 表彰状を手にする職員と立花貞司理事長ら
被表彰者を代表してあいさつする濱松暢生さん 被表彰者を代表してあいさつする濱松暢生さん

2019年度上期から始まった職員業務改善提案に対する優秀者の表彰式が11月20日、天白キャンパス本部棟で行われ、3グループと1人が立花貞司理事長から表彰状と賞金を受け取りました。上期の提案は86件で、うち41件が表彰対象になりました。

立花理事長はあいさつで、職員業務改善は一層の効率化と無駄を省くために導入したと趣旨を説明し、「創意工夫と業務改善はネタが尽きることはない」と、下期のさらなる提案を促しました。

被表彰者を代表し、入学直後(4月)の学生支援窓口対応数の軽減化に取り組んだナゴヤドーム前キャンパス事務室学生支援・キャンパス庶務グループの濱松暢生さんがあいさつ。「日々考えていることに対して表彰をいただき、光栄です。引き続き新たな提案・改善に取り組みたい」と謝辞を述べました。

下期も積極的に提案を

  • 賞金を受け取る経済学部事務室の谷口多絵さん 賞金を受け取る経済学部事務室の谷口多絵さん
  • 表彰状を受け取る施設部の川村信一さん 表彰状を受け取る施設部の川村信一さん
  • 賞金を受け取る学術研究支援センターの安田健一さん 賞金を受け取る学術研究支援センターの安田健一さん
  • さらなる提案を促す立花理事長 さらなる提案を促す立花理事長
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ