在学生・教職員/ニュース 【重要なお知らせ】緊急修学援助(修学援助C)奨学生の出願について

【重要なお知らせ】緊急修学援助(修学援助C)奨学生の出願について

1.緊急修学援助(修学援助C)奨学生とは

この奨学生制度は、本学学生であって、修学の意思があるにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症の影響による経済事情の悪化に伴い、家計が急変し、経済的事情により学業が継続し難い学生に対して、奨学金の給付(返還不要)により経済的援助を行うことを目的とするもので、他の奨学金との重複を可能としています。

2.緊急修学援助(修学援助C)奨学生 出願要項

【支援内容】

緊急修学援助(修学援助C)奨学生 支援内容
資格 新型コロナウイルス感染症の影響による経済事情の悪化に伴い、家計が急変し、学費(授業料、施設費、実験実習費)の納入が著しく困難と認められた学生。なお、所得基準は別に定める。
期間 令和2年度のみ
奨学金総額 3億円
給付額 自宅生:30万円上限で給付
自宅外生:35万円上限で給付
所得基準 下記①かつ②の基準に該当する者のみ

①新型コロナウイルス感染症の影響による収入減少があった者等を支援対象として、国及び地方公共団体が実施する公的支援の受給証明書又はこれに類するものと認められる公的証明書が提出できること。(公的支援の証明書を提出できない場合は、別途申告書の提出にて可とする。)

②同一世帯の事由発生後2か月の所得から年間所得見込額を算出し、前年所得額から50%以上の減少が認められること。かつ、年間所得見込額から別表(添付)による控除をした後の合計額が380万円以下となること。

成績基準 学修意欲があり、学業を継続して確実に修了できる見込みがあること。

【手続方法】

手続方法
提出書類

・名城大学 緊急修学援助(修学援助C)奨学生願書
・緊急修学援助(修学援助C)奨学生提出書類チェック表
・国及び地方公共団体が実施する公的支援の受給証明書又はこれに類するものと認められる公的証明書の写し 公的支援の一例
・公的支援の証明書を提出できない場合の申告書(該当者のみ、所定様式あり)
・令和元年 所得証明書又は源泉徴収票又は確定申告書
・事由発生後2か月分の給与明細又は帳簿等
・銀行振込依頼書(所定書式あり)
・住民票
※必要に応じて証明書類等の提出を求めることがある。

提出期限 令和2年6月5日 17時
提出方法 書類の性質上、記録の残る郵便形態(レターパック・特定記録郵便等)で郵送

様式ダウンロード
Q&A

3.郵送先・問い合わせ先

郵送先:名城大学 学務センター生活支援グループ 緊急修学援助支援窓口
住 所:〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地
E-mail:ogakumse@ccmails.meijo-u.ac.jp

  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ