MeijoNavi/ニュース 令和3年度の授業方法について

令和3年度の授業方法について

名城大学 学務センター

現在のところ新型コロナウイルス感染症の終息が見通せませんが、実践的な教育を重視する名城大学では、令和3年度授業は原則として対面授業(大学に登校して受講する通常の授業)を行う予定です。ただし、一部の受講者数の多い授業等は遠隔授業(ウェブにより自宅で受講する授業)とします。なお、対面授業であっても、地域の感染状況が悪化した場合は直ちに遠隔授業に切り替えます。

対面授業は、受講者数を教室定員の1/2とし原則として前後左右1m程度の身体的距離を確保するほか、独自の検温(※)・消毒・換気システムを導入し、各種の感染症対策ガイドラインも策定して、学生の皆さんの安全と学業の両立を図っています。また、正しい新型コロナウイルス感染症対策を丁寧に教育し、十分な感染症対策を講じた上で、図書館・情報処理室・英会話室・スポーツ施設などの諸施設を利用いただく予定です。

遠隔授業は、教員から受講者への一方通行ではなく、対面授業と同様に教員への質問や発言ができる双方向システムとしています。また、本年度前期の遠隔授業の経験から、在学生の皆さんからもアイデアを募って、より学修効果の高いものへと進化させているところです。

本学は、どのような授業形態であっても、学生の皆さんに質の高い教育が提供できるよう、教職員一丸となって取り組んでいます。

  • ※ 検温カメラ ※ 検温カメラ
  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ