理工学部/ニュース 出前講義(愛知県立名古屋南高等学校、丸山教授)

秋の出前講義シリーズ第2弾として愛知県立名古屋南高校に行ってきました。 日本ガイシホールのすぐ裏に高校があり,イベントがあるときは周囲が大変混雑するそうです。

今回も応用化学科の教育・研究内容とナノカーボンの研究を中心に話しましたが,今週は,ノーベルウィークということで,カーボンナノチューブやリチウムイオン電池など名城大とノーベル賞の関わりについても紹介しました。約70分間にわたって33名の生徒が聴講してくれました。全員1年生ということで,まだ化学基礎を学習しているところで,化学結合の話など少し難しかったかもしれませんが,皆さん,熱心に聴いてくれました。

写真は分子模型を使って,グラファイトの分子構造を説明しているところです。うしろにフラーレンの分子構造を説明するためのサッカーボールも見えます。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ