移行用/ニュース 平成25年度入学前教育(MECプログラム)のスクーリングを実施

3月6日(水)から3月13日(水)まで(3月9日(土)・10日(日)を除く)、平成25年度推薦入学試験による入学予定者のうち、523人が申し込み、4月にスタートする大学生活の準備学習の一環で、入学前教育(MECプログラム)のスクーリングを受講しました。
入学前教育(MECプログラム)とは、本学への入学決定後も学習習慣を維持し,入学時に円滑な大学教育を開始できる契機となることをコンセプトとした取組で、平成13年度から実施しています。受講者は「英語」、「数学」、「物理」、「化学」、「生物」、「日本語表現」、の各講座から2科目を選択して、自宅学習と3日間のスクーリングを受講し、自ら立てた学習目標に向かって取り組みました。
中でも、「日本語表現」の授業では、大学の授業やゼミで必要となるプレゼンテーションやレポート作成の方法を、新聞などを題材にして、身近な話題やテーマに沿って、グループワーク形式で行い、大学での学び方を一足早く体験しました。
受講生からは「高校では、ただ公式を丸暗記するだけだったが、スクーリングを通して、なぜこの公式が導き出せるのかが分かった」、「入学前に同じ学部の人と話すことができて友達ができた」、「スクーリングによって自宅学習では分からなかったことが理解できた」という感想も寄せられ、高校から大学への接続の役目を果たすことができました。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ