移行用/ニュース 出前講義(愛知県立大府高等学校、丸山教授)

愛知県立大府高等学校で、「応用化学科の紹介とナノカーボンの話題」という題目で、出前講義を行いました。応用化学科の教育内容や学生生活の紹介をしたあと、近年注目されている、ナノカーボン、特にカーボンナノチューブの性質と応用について紹介を行いました。

対象生徒は3年生で、14名が聴講し、熱心に聴いてくれました。75分間あったので、ゆっくり説明することが出来ました。

写真はグラファイトとグラフェンの説明をしているところです。
教卓の上に見えるサッカーボールは、フラーレンの説明をするために持っていったものです。

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ