学部・大学院/ニュース 有松ゼミナール2「なぜ有松なのか:街へのまなざし」(2/28)

理工学部建築学科・柳沢究研究室とコンソーシアム有松鳴海絞の共催で、有松ゼミナールVOL.2「なぜ有松なのか:街へのまなざし」を開催いたします。
有松の街の伝統・可能性・デザインなどをキーワードとして、皆様のご意見をお聞きしながら、有松の明日を考えたいと思います。第1部は、一般公開は初とな る「服部良也邸」の見学会。第2部は、有松の外からの視点を意識しながら、伝統的建築の維持・活用にまつわる報告とディスカッションを開催いたします。今 後の「有松のまちづくりの方向性」と「より具体的な活用」を考える機会にできれば幸いです。

2/27・28は服部良也邸の主屋にて、建築学科三浦彩子研究室によるプロジェクションマッピングイベントを開催しています。あわせて御覧ください。

《名城大学MS-26推進支援事業「地域大学連携による歴史的建築の活用実践教育プログラム開発」》
有松ゼミナールvol.2「なぜ有松なのか:街へのまなざし」
日時 2016年2月28日(日)
服部良也邸見学会 13:30〜(有松・鳴海絞会館集合)
シンポジウム 15:00〜17:00
会場 有松・鳴海絞会館・大会議室(第2部)
申込 申込募集人員:30名、申込締切:2016年2月20日(土)
申込方法:FAXまたはメールでお申し込み下さい。
《詳細はこちらのページへ》

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ