研究・産官学連携アンメットニーズ創薬分子研究センター

研究センターのミッション

医薬品開発は時代の変化と共に疾患ニーズが変化し、これに伴い創薬研究の新しい潮流が生まれてきた。最近ではガン、予防医療、超高齢化に関する疾患ニーズが高まり、新たなアンメットニーズ(充足されないニーズ)が顕在化し、その課題に対して新しい概念による基盤技術の開発が望まれている。その一翼を担うのがアカデミアの使命で有り、産業界からのニーズに応えられる革新的な技術開発研究を集約的かつ強力に推進する研究プラットフォームの形成は今後の産学連携においても重要と考え、「アンメットニーズ創薬分子研究センター」を発足しました。本研究センターは、前身の「分子空間創成研究センター」の優れた実績に基づき、創薬化学の領域で学術的にも社会的にも要請の高い「分子構造」をターゲットととし、新しい発想に基づく独創的な「化学合成法」の開発や、従来の触媒技術を越える革新的な「反応」開発で医薬品開発分野に貢献することを目指している。

アンメットニーズ創薬分子研究センター

  • 情報工学部始動
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ